本文へスキップ

岸田たたみ店は、品質にこだわり技術を受け継ぎ 下関で創業50年。

電話でのお問い合わせはTEL.083-253-7100

〒751-0833 山口県下関市武久町1丁目15−1

よい畳をお届けするためにfor good tatami

い草の産地「熊本」より

※店主のひとり言ですが、とても大切なことなので、是非お読みください。


 熊本を訪れるたびに耳にすること。それは、「い草農家の減少」について。この10年前5000件あった農家が現在は500件あまり。およそ10分の1です。20年前には10,000件以上あったと言われています。この急激な減少に、国産畳は危機に瀕しています。生産者の高齢化、人手不足、安価な外国産畳表の輸入、化学製品の畳の進出など、理由は様々です。
 この減少煽りを受け、い草機械のメーカーは様々な機械の製造停止を検討しているとの事。お手伝いに行って実感したこと。い草の生産は、機械がある今でも大変過酷な作業です。もし、製造停止なんてことになれば、現在いる生産者もいずれは廃業に追いやられるのは、目に見えて分かります。もはや、熊本の生産者だけでの問題ではない、日本から畳が無くなる未来がやってくるかもしれません。

 これは、畳屋の責任です。私たちが、みなさんにもっと畳の良さをアピールできなかった。安価な中国産に手を出してしまったこと。だからこそ、日本最大のい草の産地熊本を守るべく、若い世代からも支持されるような畳を作り、業界を盛り上げていきたいと思っています。

 当店では、皆様に満足いただける良い畳をお届けできるよう、店主自身が、い草の産地である熊本県八代市まで行き、生産者の方々のお手伝いをし、畳表のことについてたくさん勉強してきました。
生産者の方々の、い草一本一本と向き合う真剣な姿に胸を打たれ、この思いを一人でも多くのお客様の元に届けることが私たちの責任です。是非当店が目利きした信頼できる生産者による「国産畳」に触れてください。良さを実感していただけると胸を張って言えます。

当店は、直接肌に触れる畳だからこそ 思いの詰まった安心安全な「国産」熊本産畳を推奨します。
熊本では、1年で一番寒い12月に苗を植えます。
写真は、「ひのみどり」です。
この広い田んぼに、機械も入れず全て手植えで行ています。手植えは、良い新芽が多く育つためです。本当に頭の下がる思いです。
品評会「農林水産大臣賞」を5度受賞された
「橋口さんご夫婦」です。

まさに、植え付け時から畳表の加工まで、我が子を育てるように一本一本「愛畳」込めて育てていました。徹底した湿度管理、選別作業など全てにおいて、誰もが一目を置く熊本の畳表業界を引っ張っていく存在です。
   い草が長く伸びるよう網掛けをし、およそ130p〜140pまでに成長します。梅雨に入るころ、い草の刈り取り作業が始まります。刈り取り機が自動的に200本ずつの束にします。この乾燥前のい草は水分を多く含むので大変重い。私は、この作業だけで腰が砕けそうでした。
この時期の農家は、どの農家も早朝3〜4時から作業が始まります。
 刈り取ったい草は、持ち帰ってすぐに泥染めをします。
泥染めは表面に保護膜を作り、い草を丈夫にし美しい緑を長く保つことができる昔ながらの製法です。
泥染めの泥は、農家によってもいろいろ配合や濃度が異なり、広島や兵庫から良質の土を仕入れています。
 
  泥染め後のい草を乾燥器(釜)でじっくりと低温で乾燥します。この乾燥時間や温度も農家によって異なります。高温になりすぎるとい草にダメージを与えるため、およそ55〜60度で15時間〜18時間といった農家が多いです。
乾燥後、釜からい草を取り出し余分な泥をふるいにかけて落としていきます。書くのは簡単ですが、50度近くの熱気に包まれた室内…染土が飛散する環境での作業、本当に過酷極まりない。 
ちなみに、早朝からの作業にもかかわらず、乾燥中は深夜問わず5〜6回釜の温度を確認しているそうで、この時期の農家は「寝る暇がない」。
お手伝いした前橋さんの息子さん曰く、刈り取り時期は忙しさと暑さでまったく食べ物を受け付けないそうです。これが1ヶ月も続く。
 乾燥したい草は、空気に触れないよう密封され倉庫で半年〜1年寝かされます。こうして、染土とい草が熟成されて畳独特のさわやかな香りがしてきます。  

私たちがお世話になった前橋さん親子です。
お二人とも人柄の良さがにじみ出てくる素敵な笑顔が印象的でした。

平成23年度農林水産大臣賞 受賞


    熊本のトップクラスの生産者への指導を行い、農家の皆様よりも信頼の厚く「先生」と呼ばれる存在のい草普及所、研究所の森崎先生。

初めて聞く話も面白く伝えてくださり、大変勉強にまりました。
寝かされたい草は、長さにより選別をしていきます。この橋口さん。通常農家さんは、4〜5段階の選別のところをなんと9段階(!)に分けていくよう選別機にかけます。一番草(一番長いい草)は4尺9寸(約148センチ)です。
そして更に、一本一本に向き合うよう真剣に目で選別します。140センチ以上のあるい草ですが、コシがあり、実の詰まったものは、まっすぐに立ち上がります。
ここで織り曲がったりするい草は弱いためはじかれていきます。
選別したい草は、織機にかけられ織られます。よい畳表には、7000本以上、約30キロのい草が織り込まれています。
織った畳表は、また更に人の目でチェックをいれ仕上げをしていきます。

まさに愛畳のこもった畳表に仕上がります。

畳表は、作り手によって様々な顔があります。コシの強い力強さ、きめの細かい繊細さ、織り方も人それぞれです。畳には本当に色々な方の魂が込められています。当店では、全て店主が目利きした信頼できる国産にこだわっています。


良い畳をお届けするため




shop info.店舗情報

岸田たたみ店

〒751-0833
山口県下関市武久町1丁目15−1
TEL.083-253-7100
FAX.083-242-5320

畳屋のひとり言ブログ
当店のことを知ってもらえると思いますので是非ご覧ください。

RSS Feed Widget